一日数時間の副業

今の自分の収入をもっと増やしたいと思って、副業という形で別の仕事をはじめてみるという人が増えてきているようです。
やはり、今の仕事をやめてしまうのではリスクがありますから、今の仕事はそのままで、別の仕事をはじめるという選択肢が安心なのかもしれません。
副業をするといえば、例えば外でアルバイトをすることだったり、家で内職をするというようなイメージがあるかもしれません。

しかし、現在は様々な副業が増えてきていますので、それに限ったような話ではありません。
インターネットが普及するにつれて、副業というものの考え方も変わってきているということかもしれません。
例えばインターネットを使って買い物ができる、ネットショッピングも現在非常に便利になってきていますよね。

そして、それを副業にして副収入を得るという考え方が、主婦の女性の間に広まってきているようです。
ドロップシッピングという副業は、専業主婦の女性でも、働いている会社員の男性でも、誰でも取り組むことができます。
この仕事は、実際に店舗として販売店を持つのではなく、インターネットの中に架空のショップを持つというものです。

そして、そこを経由して商品を販売する、という形の仕事になります。
店舗を出すことがないので、リスクを抱えることなく仕事を始めることができる、という利点があるのですね。
ある程度パソコンが使える人であれば、問題なく仕事を続けていくことができるのではないでしょうか。

一日に数時間の短い時間でも続けることができますから、会社員として働いている人にもぴったりかと思います。

在宅ワークでお小遣いをゲット

ほとんどの女性は、結婚をするという段階になったら、それまでの仕事をやめて専業主婦になることが多いのではないでしょうか。
しかし、入ってくるお金が旦那さんのお給料だけになってしまうと、自分で好きなものを購入するにも気が引けてしまうかもしれません。
二人の共有の財産になってしまうという意味でも、自分だけの好きなように使うということはやりにくくなってしまうことでしょう。

例えばランチに自分の好きなものを食べることにも、何かいけないことをしているような罪悪感を感じてしまうかもしれません。
それはやはり、自分だけのお金ではない、二人の共有のお金だという意識が根底に存在しているということかと思います。
しかし、そういった我慢ばかりを繰り返していると、ストレスが溜まってしまいますし、いずれそれがどこかで爆発してしまわないとも限りません。

そこで、主婦の女性でも自宅でできるような在宅ワークをはじめてみて、副収入をゲットしてみるという方法もあることでしょう。
在宅ワークといえば専門的な知識が必要と思うかもしれませんが、まったくの初心者でもはじめることができる在宅ワークは存在しています。
在宅ワークならば、外に働きに出るよりは、家事と両立できるだけの時間のやりくりをすることも比較的できるようになりますよね。

例えば主婦の在宅ワークとして人気の職種は、シール貼りのような内職や、クロスワードパズル制作などの少し変わったものもあります。
また、FXをはじめてみたり、初心者でも参入しやすい金融投資商品をはじめてみる、ということも在宅ワークの一つといえるでしょう。

メールレディの賃金パターンと稼げる目安

メールレディというスマートな名前がついていますが、仕事の内容は出会い系サイトのサクラです。
今回は【メールレディの賃金パターンと稼げる目安】について説明したいと思います。

■メールレディの賃金パターン
私はこれまで幾つかの出会い系サイトのサクラの仕事をしました。
そこで分かったことは賃金パターンがいくつかあることです。

1番はじめに仕事をしたサイトは1時間××円と一般的なアルバイトのような賃金パターンです。
どれだけ頑張っても賃金は同じで、モチベーションが上がることはありません。
こういった賃金パターンの場合は副業でやる場合には時間の縛りがネックになります。

2番目にした仕事は「ポイント制」を採用していました。
男性ユーザーとメールのやり取りをしたら1ポイントもらえるというパターンです。
メール以外でもプロフィール閲覧されたり写真を閲覧されるだけでもポイントをゲットできます。
このポイントによって貰える賃金が違ってきます。
固定ではないので初めはとても心配していました。

私の場合は少なくとも10,000円は欲しい!という目標で頑張りました。
写真を加工して可愛く見せたり、プロフィール欄も軽いギャル風にしたり試行錯誤を繰り返しました。
そういった努力の結果10,000円は軽くクリアできたのです。
その出会い系サイトは決まったポイントをオーバーするとボーナスが貰えるキャンペーンをしていました。

■稼げる目安
初めの時給タイプのサイトの場合は月額で5,000円程度しか稼げませんでした。
だからポイント制の出会い系サイトにやってみたのですが1日あたり50件程度のメールのやり取りがあり、50,000円程度は貰えました。
仕事ができる余裕があれば、やるだけ儲かりますが副業では限界があります。

ブログとWebサイトを比較した場合のメリットとデメリット

ブログはトレンドネタをテーマに投稿する日記的な利用が一番効果的です。
ではブログとWebサイトはどこに違いがあるのでしょうか?
決定的な違いはサイトのメンテナンスがしやすいかどうかになるでしょう。
今回は【ブログとWebサイトを比較した場合のメリットとデメリット】について解説いたします。

■ブログのメリット
まずはhtml(ウェブページを作成するために開発された言語のこと)を知らなくてもできることです。
ブログのページ数を増やそうとする場合でも簡単にできますし、SEO(検索エンジン最適化プログラム)対策で内部リンクを増やすのも簡単です。
ping送信やRSS配信をすることによって購読者にプッシュをする方法がとれます。

ビギナーでもハードルが低いので挑戦しやすいですね。
ブログの記事を分かりやすく魅力的に書けばいいから、それに集中できます。
あとはブログ側で自動的に処理してくれるので楽ちんでしょう。
ニュースをまとめたり日記を毎日つけたり……記事の投稿頻度が多い場合はウェブページよりもブログの方が良いでしょう。

■ブログのデメリット
ブログのテンプレートがありますから同じようなWebデザインになります。
ですから個性的なページにはなりにくく差別化できにくいです。
その結果検索エンジンのトップ層に表示されることは少ないです。

お仕着せのサイトテーマになるので、平凡なイメージになりますし、ページの説明などのメタタグを埋め込まないのもデメリットですからSEO対策の観点から言えばウエブページに大きく遅れをとることになります。
テンプレートは専門知識があればカスタマイズできますがハードルが高いです。
SEO対策からみるとサイトテーマに統一感があるほうが上位にリストアップされやすいです。

Copyright© 2010 副収入を稼ぐのにオススメの仕事 All Rights Reserved.